地震に強い家づくりのポイント|基礎
注文住宅のJamHomeエステート > 地震に強い家づくりのポイント|基礎

基礎

住宅の基礎には大きく分けて、「布基礎」と「ベタ基礎」があります。
どちらも鉄筋コンクリート製ですが、「布基礎」の場合は、基礎が連続した線状につながっているため建物荷重のバランスが良くない場合は自重(建物の重さ)をうまく支えることができず不同沈下のおそれがあります。

それに対し、「ベタ基礎」の場合は布基礎の立ち上がり部の下に、さらに150mm 程度の鉄筋コンクリート製の
床盤を作り一体化させるため、面でバランス良く建物を支えることができます。

また、コンクリートで土の部分を覆うため防湿・防蟻効果もあります。

基礎

ベタ基礎で建物をしっかり支える

JamHomeエステートでは、建物を支える大切な基礎部には、「ベタ基礎」を採用しています。
従来の布基礎と違い、建物を面で支えるので、不同沈下が少なく安定感があります。

また、面剛性で地震時の水平力にも強い構造となっています。

建物下部の地面をコンクリートで覆い、盤厚も厚いため防湿効果も期待できます。

ベタ基礎

床下換気

基礎パッキンで床下全体を効率良く換気

床下部は基礎パッキンを使用して換気を行います。基礎部に穴を開ける従来の床下換気とは違い、基礎の強度を損なうことなく常に床下の空気を入れ替えることができる上、基礎部と土台部(木の部分)との間にパッキンが入るので、建物の全周(全部の面)から換気を行うことができます。

その結果、空気のよどみ部分ができにくくなり、湿気が少なくなることで気になる白アリもしっかりガード。
建物の耐久性アップにつながります。

床下換気

床下換気

ページのトップへ戻る