地震に強い家づくりのポイント|地盤
注文住宅のJamHomeエステート > 地震に強い家づくりのポイント|地盤

地盤

基礎やその上の建物を支えるためにはしっかりとした地盤が必要です。その為にはまず、地盤調査を行い敷地の地耐力を知ることが大切です。

地盤調査の方法

スウェーデン式サウンディング試験

小規模建築物を対象とした場合に、地盤の強さを調べる方法として最も一般的な方法です。

ロッド、スクリュー、錘などからなるスウェーデン式サウンディング試験装置を用いて、土の硬軟または、締まり具合、あるいは土層(砂層・粘土層・砂利層など)の構成を判断するために行います。測定方法は、旧来の手動式と機械式に分けられます。

スウェーデン式サウンディング試験

敷地の状況によってはお家を建てるには弱い地盤であるという結果がでることがあります。
その場合は地盤の改良を行います。

地盤改良の方法

住宅の場合の地盤改良の方法は

・表層改良・・・比較的表層の部分が軟弱でその下は良好な地盤である場合
・柱状改良・・・軟弱地盤が2~8m程度でその下は良好な地盤である場合
・鋼管杭 ・・・軟弱地盤~良好地盤~強固地盤まで杭を貫通させ支持する場合


地盤改良の方法

住宅の場合、性能面・コスト面から柱状改良が多く行われています。
ここでは一般的な柱状改良の方法を図解いたします。

地盤改良の方法

柱状改良により地盤改良がおこなわれた場合、弊社では地盤保証をお付けしております。保証期間は調査・工事完了後より11 年間です。

地盤保証書

ページのトップへ戻る